2006年03月04日

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け



ニンテンドーDS(任天堂DS)

定価 : ¥ 3,800
販売価格: ¥ 3,230
おすすめ度:
発売日: 2006-01-26
発売元: 任天堂
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

敷居は高いかも。
元は2002年にプラト社から発売されたPC用英語教育ソフトで、累計販売本数で18万本を売り上げ、学習系ソフトとしては大ヒットを記録したシリーズのDS版です。開発は任天堂とプラトとの共同開発のようで、任天堂が「DSらしさ」をどう味付けをするか楽しみなソフトです。
問題を解きカレンダーにハンコを押すなど、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」のシステムと似ているところもあり、毎日少しずつ英語に接していく事で苦手を克服していくのが本作の特徴なのかもしれません。
トレーニングは豊富ですが、基本的には聞こえてくる英文をタッチパネルにアルファベット(大文字、小文字を認識)を書くというものです。
上画面に文字数分のマスと日本語訳が表示されるので、日本語をヒントに解くことも出来そうです。最初は単語程度でも、レベルが上がると長文になっていきます。
分からない場合は、次のアルファベットを表示する「ヒント」や「聴く」でもう一度読み上げてもらう事も出来ますし、「パス」する事も可能です。
毎日続けるのに重宝しそうなモードが「英語力判定」で、5問程度の出題を解くと、回答までの時間などによって英語力がランクで判定され、グラフに記録されていきます。
他にも、「クロスワードパズル」形式のモードや、音声の英文を聴いてマイクに向かって発声し「録音」するモードもあります。しかし、あくまで「録音」されるだけで、発音の良し悪しを判定するものではないです。
「単語早解き対戦」「書き取りマラソン」などでは最大8人で通信プレイも可能で一人でも多人数でも楽しめそうですね。
「脳トレ」と同じようにハンコの数が増えると新しいモードが追加されていくようです。
英語を楽しく学びたいという方は、このソフトはオススメですね。ただ、英語の基本を一から学ぶソフトではないので、ある程度の英語の知識がないと楽しめないかもしれません。

期待度満点!!
英語漬けがDSになるのねーヽ(^。^)ノ!!
パソコンのソフトの英語漬けは以前から使っていましたが、パソコンを持ち歩くのは面倒、立ち上げるのも面倒。
さらに、「英語学習者は、パソコンのキーボードをうつのではなく、手で文字を書くべきだ」なんて文章を読んだ日には、やる気も失せる。
でも、DSだから、単語を自分で書くんだよね。ああ、待ち遠しいです。

文句なく買い
まだ発売されていないのに5つ星というのもどうかと思いますが。
ただ『ほぼ日刊イトイ新聞』というサイト(ご自身で検索してください、
きっと見つけられます)でスタッフの方が体験されている動画を見て
「買いだな」と思いました。
受験に使えるとまでは思いませんが、ゲーム感覚で英語が身近になるなんて、
スバラシイことです。
べつに英語が話せなくても生きていけるけれど、
ちょっとした映画の中のセリフや洋楽の歌詞が聞き取れたら、
それはそれで嬉しいですよネ。
posted by nintendo-ds at 14:07 | 任天堂 DS(攻略)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。